薬剤師の復職は思ったよりも簡単だった

資格を活かして復職を決めたが

資格を活かして復職を決めたが資格はあってもブランクがあるから不安ブランクのある復職は職場環境が重要

事情があり仕事を辞めることになったのですが、問題が一通り片付いたため再び働くことができる状況になりました。
しかし、就職難の時代だけにブランクがあっては薬剤師といえども復職は難しいのではと考えていました。
実際に仕事を探し始めるとすぐに見つかりましたから、復職をすること自体は簡単で仕事が見つからずに困ったという自体にならなかったのは本当に良かったです。
考えてみれば自分が働いていたときにも、ブランクのある人はいくらでも入ってきていましたから、再就職の心配をする必要はなかったと振り返ってみればわかります。
特に薬剤師でなければいけないと思っていたわけではないので、他にも自分に合いそうな仕事があれば、そちらに行ってみてもいいと考えていたもののなかなか自分にできそうな仕事はなく、興味があるものも面接ではまったく手応えがありませんでした。
そのようなこともあり、最終的にはやはり自分にできる仕事をするのが一番、せっかく取った資格を活かすのが良いということになったのです。
取り立てて条件面で希望があったわけでもないので、高望みをしてなかなか仕事が見つからないよりは、早く決まりそうなところを中心に選ぶことにしました。
一点だけこだわったのは、ブランクがあるのでその辺のサポートだけはしてくれそうな働きやすい職場を探すことでした。